Google、12月14日に発生の大規模障害の原因を発表

2020年12月16日 16:10

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Googleが14日に発生した大規模障害の原因を発表した。それによると、Google CloudPlatformとGoogleWorkspaceは、Googleアカウント認証を必要とするすべてのサービスが50分間停止したという(GoogleケータイWatch)。

原因は内部ストレージのクォータ管理システムにあったとしている。Googleの中央ID管理システムの容量が減少したときに、内部ストレージのクォータ(ディスク容量の割り当て)を適切に行うことに失敗した結果、ユーザーのログインを必要とするサービスでは高確率でエラーが発生したとしている。 

スラドのコメントを読む | ITセクション | Google | バグ | IT | ストレージ

 関連ストーリー:
Googleに障害が発生。復旧進む 2020年12月14日
ニコニコ動画、ストレージをRSTORに変更することで運用コストを10分の1に減少へ 2020年12月15日
京浜電鉄、磁気定期券・回数券の販売終了へ。ICカードへの移行を明確に 2020年12月08日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogle

関連記事

広告