ニコニコ動画、ストレージをRSTORに変更し運用コストを10分の1に削減へ

2020年12月15日 09:06

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

今後、KADOKAWAやニコニコ動画が使用しているストレージを米RSTOR社のものに変更していくという。RSTORの代理店であるTwoFiveが10日に発表を行った。これまで使用してきたオンプレミスのものから変更にしたことで、運用コストを10分の1にできるとしている(TwoFive[PDF]ITmedia)。

同社によると、コスト削減の理由としては、多くのクラウドストレージサービスでは、データアウトとリクエスト数課金で成り立っているが、米RSTORのサービスではデータの保存容量にのみ利用料が発生が発生すること、メンテナンスのための定形費用が不要となること、障害発生時の対応コストがなくなるなどを挙げている。また現行システムでは、大量データの一括削除で操作不能になっていたが、その問題も解決できるとしている。 

スラドのコメントを読む | ITセクション | クラウド | IT | ストレージ

 関連ストーリー:
ドワンゴが「投げ銭」を商標登録。その意図はどこに? 2020年08月11日
VTuberのゲーム実況系の勢力図に変動も。任天堂との著作物利用の包括契約の成否で 2020年08月05日
ニコニコ動画、ラウドネスノーマライゼーションを導入 2020年01月10日
KADOKAWA、ドワンゴの不採算事業の廃止などでWebサービス事業黒字化 2019年08月14日
一部のニコニコチャンネル、動画配信を暗号化 2019年03月08日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードクラウドニコニコ動画

関連記事

広告