死亡した親族が契約していたサブスク解除に苦戦する家族

2020年12月10日 09:45

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

月額課金型のサブスクリプションを採用するサービスが増えているが、そのせいで別の問題が起きているらしい。無くなった高齢者が生前に契約していた月額課金のサービスの解約方法が分からず、毎月請求書が届いているという。(FacebookTogetter)。

亡くなった人がMicrosoftのサービスに加入しており、それが解約できずに対応に苦慮している家族のFacebookの投稿によれば、Microsoftとのチャットで以下のような回答が戻ってきたという。 いいえ、Microsoftアカウントとパスワードどちらもわからないと、弊社で請求の解約や停止を行うことができかねます。

もしMicrosoftアカウントにアクセスができない場合は、先ほど申した通りクレジットカード会社へご連絡いただき、請求を停止するようお話しいただければと存じます。

 としている。家族がクレジットカード会社に相談しても、カード停止の措置を取るのは可能との回答だったが、請求されたものに関して取り消すことはできないとしている。契約していたものとしては先のMicrosoft以外にJ:COMや有料チャンネル、NTT基本料金、Spotify、よく分からない年会費など50件以上あった模様。サブスクリプション型のサービスを多く契約している人は、どこかで一度は整理しておいた方がいいかもしれない。

 スラドのコメントを読む | マイクロソフト | お金

 関連ストーリー:
Amazon曰く、Amazon Prime Videoで「購入」したコンテンツは購入者のものではないと規約に書いてある 2020年11月01日
アマゾン、クラウドゲーミングサービスLunaを発表。コントローラーがSwitchに似すぎでトレンド入り 2020年09月29日
Microsoft、来年後半にOfficeの永続ライセンス版を出すと発表 2020年09月24日
ソフトバンク、IoT宅配ボックスの年度内事業化を目指して実証実験 2020年08月29日
iOS版Adobe Lightroom、アップデートで写真やプリセットが消失するトラブル 2020年08月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードFacebook高齢者MicrosoftSpotifyサブスクリプション

関連記事

広告