ソフトバンクSUBARU、合流時車両支援の共同実地検証に世界で初めて成功

2020年11月29日 17:47

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

ソフトバンクとSUBARUは共同で、5Gネットワーク環境およびC-V2Xの通信環境を活用して、合流時車両支援の二つのユースケースにおける技術検証を行ない、成功裏の終えたという 画像はふたつの実験の概念図

ソフトバンクとSUBARUは共同で、5Gネットワーク環境およびC-V2Xの通信環境を活用して、合流時車両支援の二つのユースケースにおける技術検証を行ない、成功裏の終えたという 画像はふたつの実験の概念図[写真拡大]

写真の拡大

 ソフトバンクとSUBARUは、自動運転社会の実現に向けて、第5世代移動通信システム(5G)およびセルラーV2X通信システム(C-V2X)を活用した安全運転支援や自動運転制御に関わるユースケースの共同研究を2019年から進めてきた。そのなかで合流時車両支援の実地検証を行ない、2020年8月に世界で初めて成功したと発表した。

 今回の実証実験では、スバル研究実験センター美深試験場(北海道中川郡美深町)のテストコースに設置したソフトバンクの「おでかけ5G」(局地的に電波品質の高い5Gを提供できる可搬型設備)と、ノンスタンドアローン標準仕様の5Gネットワーク環境およびC-V2Xの通信環境を活用して、合流時車両支援の二つのユースケースにおける技術検証を行なった。また、技術検証に必要な車両位置情報の取得には、ソフトバンクの高精度測位サービス「ichimill(イチミル)」を活用した。

 第一のユースケースでは、高速道路などで自動運転車が合流路から本線車道へスムーズに合流することを目指して、検証を実施した。この検証では、車両の各種情報を5Gネットワーク経由で基地局近くにあるMECサーバーに伝送し、MECサーバー側で得られた車両情報を用いて、合流路を走行する自動運転車が本線車道を走行している車両に衝突する可能性の予測計算を行なう。

 衝突する可能性がある場合、MECサーバーから合流する自動運転車へ警告および減速指示を含むメッセージを送信し、メッセージを受信した自動運転車は、車載センサーで取得した周囲情報と併せて、適切な制御情報の計算を行なう。低遅延・高信頼な通信が求められるこのユースケースでは、5GネットワークとMECサーバーを活用することで、合流車両が制御情報をもとに、本線車道を走行する2台の車両間にスムーズな合流に成功した。

 ふたつ目のユースケースでは、渋滞などによって本線車道を走行する車両の間に合流可能なスペースがない場合に、自動運転車がスムーズに合流することを目指して、検証を行なった。この検証では、本線車道に接近した自動運転車から本線車道を走行している車両に、本線車道への進入要求および減速指示を含むメッセージを送信。メッセージを受信した車両は、合流における最適な位置関係になるよう制御計算を行なう。

 このユースケースでは、合流直前の限られた時間とスペースでのコミュニケーションという観点から、狭域での通信に有用性があるC-V2Xの車・車間通信を活用し、合流車両と本線車両間の最適な位置関係を計算して、ここでもスムーズな合流に成功した。

 ソフトバンクとSUBARUは、今後も車両制御システムと5GおよびC-V2Xの連携を見据えたユースケース検証を行ない、安全・安心なクルマ社会の実現に向けて研究開発を進めていくとしている。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
世界的な自動車部品メーカー「コンチネンタル」がサプライヤー表彰実施。ロームなど日本企業の活躍目立つ
ホンダ、レベル3の自動運転装置を量産車に初搭載、本年度中に搭載車「レジェンド」発売
復活に向けて進み始めた自動車産業。電装化に貢献する日本の電源ICに世界も期待

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードソフトバンク自動運転スバル

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • ヤリスWRC:発表資料より
  • (c) 123rf
  • 大規模分譲住宅の一戸建てなら充電設備を設置してEV車保有することも可能だ(画像提供:住友林業)
  • 新しくなったアウディ・A5/S5シリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース