Chromeウェブストア、拡張機能がユーザーから収集するデータを表示へ

2020年11月22日 17:08

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Chromeウェブストアでは来年1月から、拡張機能がユーザーから収集するデータに関する情報を拡張機能の詳細情報ページに表示するそうだ(Chromium Blogの記事9to5Googleの記事Android Policeの記事The Registerの記事)。

表示される情報は開発者の自己申告によるもので、拡張機能を新規公開または更新する場合は開発者向けダッシュボードで収集するデータと用途に関する情報の提供が求められる。Chromeウェブストアでは2021年1月18日から情報表示が始まり、それまでに開発者が情報を提供していない拡張機能に関してはその旨が表示されることになる。

これに合わせて開発者プログラムポリシーも更新されており、ユーザーから収集したデータに対する使用制限が追加された(Limited Uses of User Data)。ユーザーデータの使用は拡張機能が持つ単一の用途を提供または改善する目的のみに制限され、その他の目的での使用や販売は禁じられる。

第三者へのユーザーデータ転送が認められるのは、拡張機能の単一の用途を提供または改善するために必要な場合や法律の順守、セキュリティ目的のほか、買収や合併などに伴うものであって、ユーザーから明示的な許可を得た場合に限られる。また、ユーザーから明示的な許可を得た場合などを除き、人間がデータを読むことは認められない。 

スラドのコメントを読む | ITセクション | Chrome | デベロッパー | プライバシ

 関連ストーリー:
Chrome拡張機能のNano Defenderがマルウェア化 2020年10月18日
Google、Chromeウェブストアの決済機能を廃止へ 2020年09月26日
“Chrome ウェブストア”の不明瞭な審査に不満の声 2020年08月04日
Microsoft Edgeプレビュービルド、Chromeウェブストアからの拡張機能入手を推奨 2020年05月10日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleAndroidChromeChromium

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「Zaim 一生黒字プラン」の画面イメージ。(画像: Zaimの発表資料より)
  • ジープ・グランドチェロキー「WK 10th Anniversary Edition」(画像: FCAジャパン発表資料より)
  • 紙容器に切り替える弁当(ローソン発表資料より)
  • 200mmワイドナビゲーション取り付けイメージ(画像:株式会社カナック企画発表資料より)
  • ヤリスWRC:発表資料より
  • (c) 123rf
 

広告

ピックアップ 注目ニュース