有名YouTuberの実家と勘違いし、無関係家族に殺害予告などを送付

2020年11月21日 10:25

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

神奈川・川崎市の一家が、YouTuberの「鈴木ゆゆうた」の実家と誤解されたことで、さまざまな嫌がらせを受けていたことが分かった。放火や殺害予告、頼んでいない荷物が届くなどの嫌がらせを受けていたという。嫌がらせを受けていた人はゆゆうたとはまったくの無関係とのこと(FNNNHK)。

現在、神奈川県警が、偽計業務妨害などの疑いで捜査しているという。ゆゆうた本人も18日に自身のYouTubeチャンネル上でこの件について発表している。被害者一家が誤解を受ける原因となったのは、5ちゃんねる関連でまちがった自宅特定が行われたためであるようだ(J-CASTニューススーパーラッキー)。

なお、先日の"恒心教を名乗る爆破予告事件でも4件の差出人が鈴木ゆゆうたの本名で出されていたという(Business Journal)。 

スラドのコメントを読む | ITセクション | 犯罪 | YouTube | IT

 関連ストーリー:
カプコンのランサムウェア脅迫事件、情報流出が確定へ。最大約35万件の個人情報が流出する可能性 2020年11月17日
今年に入ってなんJ発祥のネタ宗教「恒心教」を名乗る爆破予告が急増。警視庁は捜査第一課を投入 2020年11月11日
あいちトリエンナーレに対し脅迫FAXを送った男性が逮捕、一方で別の脅迫も相次ぐ 2019年08月08日
メールで「爆破予告」を送った男性、送信元に自分の名前が入っていたためその日のうちに逮捕される 2016年05月19日
FBI、監視用マルウェアで被疑者を監視していた 2013年12月12日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード神奈川県YouTube

関連記事