全データ消失の「ふくいナビ」、旧サーバにバックアップが発見される

2020年11月21日 10:33

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

先日、契約先の手続きミスにより、全データが消失したと話題になったポータルサイト「ふくいナビ」だが、その後の調査でバックアップが存在しており、復旧できる可能性が出てきたことが分かったそうだ(ふくい産業支援センターSecurity NEXT)。

クラウドから消されたデータは、セキュリティの観点から復旧が難しいとされているが、サーバーを賃貸していたNECキャピタルソリューションが運用保守会社などとともに社内を探索したところ、センター内の旧サーバ内に10月5日時点のバックアップデータが存在していたことが判明したそうだ。2月いっぱいまでに復旧させることを目標に作業中としている。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | クラウド | IT | ストレージ

 関連ストーリー:
NECの契約更新ミスでふくいナビの全データが消失。復旧も不能に 2020年11月09日
キヤノンの写真クラウド「image.canon」、保存データの一部が消失 2020年08月07日
セキュリティ上の問題が発生したドイツの大学、電子メールアカウント38,000件のパスワードを手渡しで再発行 2019年12月22日
Android版Chrome 79、WebView使用アプリでデータ消失が発生してロールアウトを一時中止 2019年12月17日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードNECセキュリティクラウド

関連記事

広告