Microsoft、セキュリティプロセッサー「Microsoft Pluton」を発表

2020年11月20日 18:23

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

headless 曰く、 Microsoftは17日、セキュリティプロセッサー「Microsoft Pluton」を発表した(Microsoft Securityのブログ記事GeekWireの記事The Vergeの記事The Registerの記事)。

PlutonはMicrosoftがAMD・Intel・Qualcommと共同で開発したもので、セキュリティプロセッサーをCPUと同じチップに組み込むことでCPUとTPMのバスインターフェイスを狙う攻撃を防ぐことができるという。PlutonアーキテクチャーはTPMをエミュレートするため、BitLockerやSystem GuardといったTPMを用いる既存のセキュリティ機能がそのまま利用できる。

暗号鍵は他のシステムと分離したPlutonプロセッサー内に安全に格納され、投機実行などを利用し新しい攻撃手法による鍵へのアクセスを不可能にする。また、Secure Hardware Cryptograpy Key(SHACK)技術により、鍵の外部への露出を確実に防止するとのこと。

このほか、Plutonを使用するWindowsコンピューターではファームウェア更新がWindows Updateのプロセスに統合されて管理が容易になり、Xbox OneやAzure Sphereで導入されたchip-to-cloudセキュリティ技術をWindows PCで利用可能になるという。製品の投入時期については触れられていない。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | セキュリティ | マイクロソフト

 関連ストーリー:
Intelから大量の機密データが流出。Kabylake関連のサンプルコードなども含まれる 2020年08月12日
JavaコードをGPUやFPGAで実行可能にする「TornadoVM」 2020年03月11日
Intelのセキュリティ機能CSMEに存在する脆弱性、ハードウェアに物理的にアクセスできなくとも悪用できるとの指摘 2020年03月11日
IntelのCPUで新たな脆弱性が発覚 2020年02月03日
InteのIvy Bridge以降のCPUに新たな脆弱性が見つかる 2019年08月13日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードセキュリティQualcommMicrosoftWindowsIntelWindows UpdateXbox OneファームウェアAzure

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「Zaim 一生黒字プラン」の画面イメージ。(画像: Zaimの発表資料より)
  • ジープ・グランドチェロキー「WK 10th Anniversary Edition」(画像: FCAジャパン発表資料より)
  • 紙容器に切り替える弁当(ローソン発表資料より)
  • 200mmワイドナビゲーション取り付けイメージ(画像:株式会社カナック企画発表資料より)
  • ヤリスWRC:発表資料より
  • (c) 123rf
 

広告

ピックアップ 注目ニュース