Atari、アーケードゲーム「PONG」小型化したデザインの「Atari Mini PONG Jr.」発表

2020年10月23日 18:39

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

headless 曰く、 Atariは20日、アーケードゲーム「PONG」を小型化したデザインの「Atari Mini PONG Jr.」を発表した(プレスリリースSlashGearの記事動画)。

PONGはシンプルな卓球シミュレーション。1972年11月29日に登場したアーケード版はビデオゲームとして初めて商業的に成功し、そのヒットによりビデオゲーム業界が誕生することになったという。

Mini PONG Jr.は7.9インチ液晶ディスプレイを搭載し、長さは30cm。ダイヤル式のパドル式コントローラーを2つ備えており、2人で対戦プレイするほか、AIとの対戦も可能だという。電源はUSBから供給するが、オプションのリチウム充電池3個を使用すればポータブル機として使用することも可能だ。

Mini PONG Jr.は中国とカナダに拠点を置くアミューズメント機器メーカーのUNIS Technology Ltdが製造およびアジア市場での流通を担当し、Arcade1Up(Tastemakers LLC)が北米での流通を担当する。Atariは今年のホリデーシーズンにオンライン限定で発売する計画で、価格は今後発表するとのことだ。

 スラドのコメントを読む | idleセクション | idle | ゲーム | スポーツ

 関連ストーリー:
あの伝説的超人気ゲーム「オレゴン・トレイル」オリジナル版開発者、そのメイキングを語る 2017年03月10日
1万3000円のUSB接続パドルコントローラ登場、ただし対応ソフトは現時点では存在せず 2015年10月21日
貴重なアーケードゲームをプレイできる状態で展示する「あそぶ!ゲーム展」、埼玉県川口市で開催 2015年10月07日
ドイツで「ゲーム機能付き信号」が登場 2014年12月31日
ビデオゲーム『PONG』映画化 2006年01月07日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAtari

関連記事

広告