飛沫防止パネルに原稿投影機を追加 大田区ら主導し開発

2020年10月20日 08:47

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

飛沫防止パネルに原稿投影機(プロンプター)機能が付いたものが開発されたそうだ(日経新聞)。

飛沫拡散防止と原稿投影機を兼ねるという意図を持った製品であるようだ。要するにアクリル製シールドに原稿表示機能を取り付けたもの。アクリル板には画像の投影のために角度が付けられており、さらに反射防止加工が施されていることから、話し手からは文字が読めるが、聞き手側からは透明に見えるようになっている。

東京大田区にある映像関連事業のアシストと大田区が共同で開発したもので、区職員が6月末ごろに同社に開発を相談し、最近になって試作品が完成したとしている。改良ののち一般発売する予定だとしている。 

スラドのコメントを読む | 日本 | ビジネス | 日記 | 医療

 関連ストーリー:
ローソンが新型コロナに対応した「おでんシールド」の設置を発表 2020年08月26日
「しょくいんがあらわれた!!」。鹿児島市役所のコロナ対策シートが話題に 2020年07月15日
同じ手袋をつけ続けるとウイルス感染リスクが高くなる 2020年06月19日
店舗などで使用 「飛まつ防止シート」 消防が火災の注意喚起 2020年06月01日
アニメイト、COVID-19感染防止のため入店客に対しマスク着用を必須に 2020年05月09日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連記事

広告