AMBITIONの子会社ヴェリタス・インベストメントは新築投資用デザイナーズマンション『PREMIUM CUBE森下』の販売を開始

2020年10月16日 16:44

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

AMBITION<3300>(東マ)の子会社で、新築投資用デザイナーズマンションの開発を手掛けるヴェリタス・インベストメントは、『PREMIUM CUBE森下』(東京都江東区、竣工予定日:2020年11月下旬、入居予定日:2020年12月上旬)の販売を開始した。

AMBITION<3300>(東マ)の子会社で、新築投資用デザイナーズマンションの開発を手掛けるヴェリタス・インベストメントは、『PREMIUM CUBE森下』(東京都江東区、竣工予定日:2020年11月下旬、入居予定日:2020年12月上旬)の販売を開始した。[写真拡大]

写真の拡大

 AMBITION<3300>(東マ)の子会社で、新築投資用デザイナーズマンションの開発を手掛けるヴェリタス・インベストメントは、『PREMIUM CUBE森下』(東京都江東区、竣工予定日:2020年11月下旬、入居予定日:2020年12月上旬)の販売を開始した。

PREMIUM CUBE森下

 ヴェリタスの『PREMIUM CUBE』シリーズは、都内プレミアムエリアを中心に、そのデザイン性やロケーションの良さが好評で、常に早期完売している。

 『PREMIUM CUBE森下』は、「森下」駅より徒歩3分、「清澄白河」駅より徒歩7分の2駅利用で、都心主要ターミナルへ20分圏内のアクセス力を発揮して、東京をストレスフリーに駆け巡るオンタイムを実現した。

 また、銀座、上野、秋葉原、浅草などショッピングからエンターテイメント、レクリエーション、ヒーリングなど、日常の楽しみや癒しを存分に味わえる都市を身近に、東京の魅力を存分に満喫できる暮らしがある。

 セキュリティ面では、カラーモニター付オートロックシステムを採用、さらに、都市生活のニーズに対応し、安全・安心への配慮として「オートロックドアノンタッチキーシステム」を採用しており、都市生活に安心と安全と快適を提供する。

 同物件は、前回発表物件同様、ヴェリタスの開発物件として投資家に販売するとともに、AMBITIONが一括してサブリース転貸し、入居者募集を行うことにより、グループ全体で投資家の収益に貢献できるよう邁進するとしている。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】クレスコは昨年来高値を更新、株式分割の権利取りを連続過去最高業績がサポート(2020/01/17)
ケイアイスター不動産は売られ過ぎ感、20年3月期増収増益予想で3Q累計順調(2020/02/17)
システムサポートは上値試す、20年6月期2Q累計大幅増益で期末配当予想を増額修正(2020/02/17)
ジェイエスエスは調整一巡、20年3月期増収増益予想で3Q累計順調(2020/02/17)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告