iOS 14.2、マスクをした顔の絵文字を笑顔に変える

2020年10月6日 08:26

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

headless 曰く、 先日Appleが2番目のベータ版を開発者向けに提供開始したiOS 14.2では、マスクをした顔(スマイリー)の絵文字でベースとなる顔が笑顔に変わっている(Emojipediaの記事The Vergeの記事)。

Unicodeでは医療用マスクをした顔(face with medical mask)とのみ指定されており、表情の指定は特にない。ただし、体調の悪い顔(face-unwell)グループに仕分けられていることもあり、各社の絵文字は元気のなさそうなものが多い。中にはWhatsAppのようにニュートラルな表情でマスクを着用しているものや、Samsungのように最近のバージョンで体調がよさそうな感じになったものもある。iOSでもこれまでは、体調が悪いかどうかはっきりしないが、元気ではなさそうな顔だった。一方、iOS 14.2では普通のスマイル(smiling face)がベースになっている。プラットフォームごとに顔の表情が変わってしまうと困ることもあるが、COVID-19パンデミックで元気な人もマスクをするようになっており、非常に2020年らしい絵文字の更新だとEmojipediaは評している。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | 検閲 | アップグレード | グラフィック | 医療 | アップル | iOS

 関連ストーリー:
AppleのOSをクラッシュさせる文字列がまた見つかる 2020年04月26日
Unicode 14.0、リリース時期を6か月先送り 2020年04月12日
Visual Studio Codeの「サンタ帽アイコン」に対し宗教的な抗議、その対応で炎上 2019年12月23日
YouTubeの「採算の合わない利用者のアカウントを閉鎖できる」という新規約で物議 2019年11月12日
Facebookが「性的な意味で茄子と桃の絵文字を使う」ことを禁止 2019年11月01日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードiOSAppleSamsungWhatsApp

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告