タスク・マイニング市場、急拡大 PC操作ログ分析でオフィス自動化を最適化

2020年9月30日 08:33

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

ITRがタスク・マイニング市場規模推移および予測を発表

ITRがタスク・マイニング市場規模推移および予測を発表[写真拡大]

写真の拡大

 日本でも事務分野のロボット化オートメーションであるRPA(Robotic Process Automation)が普及し始めている。しかし、その過程でどのようにシステム化すれば良いのかといったノウハウや期待した効果が得られなかったなどという問題も生じている。

 RPAによって期待した効果を得るためには、その前提として各企業固有の業務・作業過程の分析が十分なされなければならない。そこで注目を浴び出したのが複雑な業務を単純な作業に分解し可視化することでRPAの導入や運用のサポートを行うタスク・マイニングとプロセス・マイニングだ。

 タスク・マイニングとは個々のパソコン端末の操作ログを分析することで業務を構成する作業の最小単位を抽出し可視化することである。これに対してプロセス・マイニングとは自動的にデータを収集・分析することで業務の流れを可視化する過程のことだ。

 3日、IT戦略コンサルタントのITRが国内のタスク・マイニング市場の推移と予測に関するレポートを公表している。レポートによれば、2019年度のタスク・マイニング市場の売上金額は4億円と推計されているが、20年度には15億円と、前年度比で275.0%の急拡大が予測されている。この市場は昨年19年に形成されたばかりで、その規模は未だ小さいものであるというもののRPA化の中でその認知度は急速に高まっており、今後市場が急拡大することは確実なようだ。

 認知度が高まった背景としてはコロナ禍での在宅勤務増加に伴い、テレワークの業務実態を把握する手段として注目されたことがあるようだ。この目的に加えプロセス・マイニングと組み合わせることで企業の他部門にまたがる業務プロセスを可視化し、最適化させることが期待できる等の理由から市場拡大は間違いないと見込まれ、レポートの予測では24年度の市場規模は75億円、19年度から24年度の年平均成長率は79.7%と極めて高い伸びとなっている。

 ITRのシニア・アナリストである舘野真人氏は「(タスク・マイニングは)コロナ禍によるテレワーク拡大により、遠隔における従業員の働きぶり全般を把握するためのツールとしても注目されるようになっている」、「ユーザー企業には、タスク・マイニングを単なる監視ツールと捉えるのではなく、得られた分析データを業務改善につなげるという前向きな活用を重視することが求められる」とコメントしている。(編集担当:久保田雄城)

■関連記事
コロナ禍で減少も、活発な動きを見せる自動車産業。業界を牽引するADASとは?
イベント中止から、オンライン開催へ。不屈の精神が生み出す、新たな価値
セキュリティ関連製品・サービス。AI、ロボティクス化で市場拡大。~富士経済

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードロボット在宅勤務

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「ランキング通知」の画面イメージ。(画像: LINE証券株の発表資料より)
  • 新型ソリオ発表会の様子。(画像: スズキの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • ボルボ「S60」(画像: ボルボ・カー・ジャパン発表資料より)
  • ミニムーン20CD3 (c)  International Gemini Observatory / NOIRLab / NSF / AURA / G. Fedorets
  • SUBARU Labが入るH¹O渋谷三丁目の共用ラウンジのイメージ(画像: SUBARU発表資料より)
  • N-BOX、N-BOXカスタム:発表資料より
 

広告

ピックアップ 注目ニュース