Xbox Series S、予約開始前に国内価格を3000円値下げして2万9980円に

2020年9月25日 20:31

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Microsoftが新型ゲーム機「Xbox Series S」の国内販売価格を、9月25日の予約開始直前に2万9980円(税別)に値下げすると発表したそうだ。上位機種であるXbox Series Xに関しては発表価格の4万9980円(税別)からは変更されていない(ファミ通Engadget)。Xbox Series Sは光学ドライブのない廉価版として提供されるモデル(過去記事)。

発表当時の国内販売価格は3万2980円(税抜)だったのに対し3000円値下げし、2万9980円(同)に改定された。ライバルであるソニーのPlayStation 5の光学ドライブ無しモデルであるDigital Edition は3万9980円であることから、同じ細かい仕様の差はともかく、光学ドライブ無しモデルでも1万円安くなるという販売戦略である模様。

米国での販売価格は299ドル。上位機種のXbox Series Xは、米国販売価格が499ドルで国内価格は4万9980円(税別)だった。こちらは1ドル100円レートで換算されていたのに対し、Xbox Series Sはそうではなかったことから、不自然という指摘は国内価格の発表当時からあった模様。今回の価格修正はそれが是正されたともいえる。

なお、海外では旧型機「Xbox One X」を間違って購入してしまったという例もあると報じられているようだ。皆さんは注意されたい(GIGAZINE)。

jizou 曰く、 日本だけ 32980円と微妙な値段だったのが
29980円になったようだ。

 一月分のオンライン価格で回収できるとはいえ、
これはこれで微妙....
最初から下げておけばいいのに。

 スラドのコメントを読む | マイクロソフト | 日記 | ゲーム

 関連ストーリー:
マイクロソフトがXboxシリーズSを正式に発表。仕様も見えてきた 2020年09月09日
Xbox Series Xの廉価版モデルと噂のXbox Series Sの情報が出回る 2020年08月14日
さよならKinect。Xbox Series Xではサポートされないことが確定 2020年07月29日
フィル・スペンサー曰く、Xboxで日本製ゲームを増やすには日本のクリエイターとの信頼関係の再構築が重要 2020年07月21日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連記事

広告