Google Drive、ゴミ箱のファイル保持期限が30日に 10月13日から

2020年9月19日 09:27

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

headless 曰く、 Googleは15日、Google Driveでゴミ箱に移動してから30日経過したファイルを自動で削除する計画を発表した(G Suite Updatesの記事Android Policeの記事SlashGearの記事)。

現在のGoogle Driveではユーザーがゴミ箱を空にしない限り、ゴミ箱内のファイルは無期限に保存される。しかし、Gmailなどではゴミ箱に移動したアイテムを30日で自動削除するポリシーが適用されているため、ユーザーの混乱を防ぐため同様のポリシーをGoogle Driveにも適用するという。

新ポリシー適用開始は10月13日。この時点で既にゴミ箱内にあるファイルは30日間保持され、30日経過後から自動で削除されていく。ただし、新ポリシーは段階的なロールアウトが行われるため、ユーザーによってはこの機能が見えるようになるまで15日以上かかる可能性もあるとのことだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | Google | クラウド | IT | ストレージ

 関連ストーリー:
イタリア当局、Google・Apple・Dropboxの不公正なビジネス習慣と消費者に不利な利用規約を調査開始 2020年09月08日
各国政府機関が愛用するスマートフォン用スパイウェア、クラウドのデータも取得可能に 2019年07月21日
OneDriveに保存したファイルを使用するマルウェア・フィッシング攻撃が急増 2019年06月30日
Google、拡張機能のデータアクセス制限強化などのChromeウェブストアポリシー変更を発表 2019年06月06日
GmailとSNSが止まった日 2019年03月14日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleAndroidGmail

関連記事

広告