国際 RSS

 

米国のレコード売り上げ、30年以上ぶりにCD上回る 全米レコード協会報告

2020年9月15日 19:05

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

米国内のレコード販売数がCDを上回ったそうだ。今年上半期のレコードの売上額は2億3210万ドルで、一方のCDの売上額は1億2990万ドルとレコードがCDを圧勝する結果となっている(RIAAAFP)。

全米レコード協会(RIAA)の10日の発表によると、レコードは物理的なメディアによる販売数の62%を占めているという。一方で物理メディア全体の売り上げ自体は、新型コロナ(COVID-19)パンデミックなどの影響から、前年同期比で23%ほど減少したとのこと。

一方でSpotifyなどのデジタル配信の利用者は前年同期比で24%増となっており、デジタル音楽に関してはCDからネットデジタル配信に移行したことでメディア販売は減り、その結果レコードに追い抜かれたと言うことらしい。

RIAA会長は、ライブミュージックセクターは閉鎖され、スタジオ録音は制限がかけられ、そしてなによりも、何百万人ものアメリカ人が仕事を失い、経済が機能しなくなっている。現在は音楽業界にとって歴史的に困難な時期だと話している。 

スラドのコメントを読む | お金 | 音楽

 関連ストーリー:
大人の科学マガジン、今度は「レコード録音機」を発売 2020年01月23日
RIAA曰く、AmazonやeBayでは多数の海賊版音楽CDが販売されている 2019年08月12日
削除してもすぐ復活する無許諾音楽アプリへの対策強化、日本レコード協会などが連名でAppleに要望 2019年07月13日
AppleやAmazonなどが海賊版デジタルミュージックを販売していると主張する訴訟 2019年05月23日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアメリカ

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • ルノー ルーテシア(画像: ルノー・ジャポンの発表資料より)
  • エクリプスクロスPHEV(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • スズキ・クロスビー「HYBRID MZ」(画像:スズキの発表資料より)
  • マツダMX-30 マイルドハイブリッドモデル・国内仕様(画像: マツダの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース