Windows 10 バージョン20H2、商用デバイスでのリリース前テストが可能に

2020年8月25日 19:10

印刷

記事提供元:スラド

headless 曰く、 Microsoftは21日、商用デバイスでWindows 10 バージョン20H2のリリース前テストが可能になったことを発表した(Windows IT Pro Blogの記事Windows Centralの記事On MSFTの記事Neowinの記事)。

20H2はWindows 10 バージョン1909と同様に小規模なアップデートとなり、新Microsoft Edgeのプリインストールスタートメニューのタイル色変更、「システム」」コントロールパネルの機能が「設定」アプリに移行するといった新機能が含まれる。6月以降の月例累積更新プログラムが適用されたWindows 10 バージョン2004には新機能が無効化された状態で含まれており、ダウンロードサイズの小さい有効化パッケージ(イネーブルメントパッケージ)を実行するだけで20H2にアップグレードできる。ただし、20H2の新機能をすべて試すには最新の累積更新プログラムのインストールが推奨される。Windows 10 バージョン1909およびそれ以前の場合はフルアップデートが必要となる。

Microsoftが商用デバイスとみなすのはHomeエディション以外のWindows 10を実行するデバイスであって、Microsoft Endpoint ManagerやMDMツールを用いてIT管理者が管理している・ボリュームライセンスキーを使用している・CommercialIDが割り当てられている・ドメインに参加している、のいずれかの条件を満たすものだという。WSUSを使用している場合は「Windows Insider Preview」カテゴリーを同期させることで、20H2の有効化パッケージやフルアップデートが利用可能になる。Windows Updateを使用する場合はWindows Insider ProgramでベータチャネルまたはRelease Previewチャネルを選択すればいい。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ビジネス | アップグレード | Windows | IT

 関連ストーリー:
レガシーMicrosoft Edge、来年3月でサポート終了 2020年08月19日
Microsoft Edge Canary、一部のユーザーに垂直タブ機能を提供開始 2020年08月06日
Windows 10 Insider Preview 20H2ビルド、スタートメニューのタイル色変更など多数の新機能 2020年07月27日
Windows 10 Insider Preview、初の20H2ビルドが登場 2020年06月20日
Windows 10 November 2019 Update、オプションの更新プログラムとして一般提供開始 2019年11月16日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftWindowsWindows 10Microsoft EdgeWindows Update

関連記事