iOS版Adobe Lightroom、アップデートで写真やプリセットが消失するトラブル

2020年8月23日 18:54

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

iOS/iPadOS版のAdobe Lightroomで、アップデート(5.4.0)をインストールすると写真やプリセットが消失するトラブルが発生したそうだ(Adobeのサポート記事Photoshop Family Customer Communityの投稿9to5Macの記事Mac Rumorsの記事)。

Adobeによると、影響を受けたのはAdobeクラウドのサブスクリプションなしでモバイル(iOS/iPadOS)版のLightroomを使用しているユーザーおよび、まだAdobeクラウドに同期していない写真やプリセットがあるユーザーだという。Adobeでは問題の拡大を防ぐために修正版(5.4.1)をリリースしており、App Storeでは「一部のユーザー様が写真にアクセス不能となった原因とみられるバグを修正しました」と説明されているが、消失した写真やプリセットは復元されない。大量の写真や編集結果を失ったユーザーもいるようだが、バックアップがなければ復元手段はない。なお、今回の問題で影響を受けるのはiOS/iPadOS版Lightroomのみとのことだ。 

スラドのコメントを読む | アップルセクション | アップグレード | グラフィック | バグ | iOS | IT

 関連ストーリー:
キヤノンの写真クラウド「image.canon」、保存データの一部が消失 2020年08月07日
Android版Chrome 79、WebView使用アプリでデータ消失が発生してロールアウトを一時中止 2019年12月17日
音楽系SNSのMyspace、12年間にアップロードされたデータをすべて消失か 2019年03月25日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードiOSiPadMacAdobeサブスクリプション

関連記事

広告