道路の路面に書かれたダイヤマーク、意味を知らない人が6割以上

2020年8月11日 18:35

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 山梨県警の調査によると、路面に書かれている「◇」ダイヤマークが、前方に横断歩道があることを示すものであることを知らない人が6割以上いることが分かったそうだ(読売新聞)。

調査は4~5月に免許更新などで県内の警察署を訪れた、10~80歳代の男女約2600人に対象にアンケート形式で実施したもの。ダイヤマークの意味を尋ねる質問をしたところ、「知らない」もしくは間違った回答をした人の割合が6割を超えたという。中でも80歳代以上が82.7%と高い割合で間違っていた。ちなみに20~30歳代でも65.7%と低いとはいえない割合だったようだ。

 スラドのコメントを読む | idleセクション | idle | 交通

 関連ストーリー:
渋谷の「スクランブル交差点」が栃木に誕生。撮影用のスタジオ施設で原寸大 2020年08月06日
国土交通省、感染症対策として全国の高速道路のETC専用化を検討 2020年07月04日
オートパイロット中と思われるテスラ車、停車中の事故車にまっすぐ突っ込む 2020年06月09日
自律走行車が人間のドライバーをモデルに開発される限り、米国で発生する事故の3分の1程度しか回避できないという試算 2020年06月07日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連記事