国際 RSS

 

Twitterのアカウント侵害事件、米国で起訴された英国人被告は逮捕されていない

2020年8月9日 18:54

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

7月15日に発生したTwitterのアカウント侵害事件について、英国家犯罪対策庁(NCA)では米国で起訴された英国の19歳の被告を逮捕していないようだ(The Registerの記事NCAのツイート)。

この事件では米カリフォルニア北部地区連邦検事局が英国の19歳とフロリダ州オーランドの22歳を起訴し、フロリダ州の検察官がフロリダ州タンパの17歳を首謀者として起訴した。しかし、NCAは米当局の捜査に協力するため、サウスイースト地域の組織犯罪対策ユニットと共同で7月31日に19歳の被告の家宅捜索を行ったと述べるのみで、逮捕に関する言及はない。そのため、この被告は逮捕されていないとみられる。被告はコンピューターへの不正侵入罪と送金詐欺共謀罪、資金洗浄共謀罪の3件で起訴されている。

一方、17歳の被告の1回目の審理はZoomを使用して4日に開かれたが、ヒルズボロー郡裁判所の判事がパスワードを設定していなかったためたびたび妨害される事態になったようだ(Ars Technicaの記事)。 

スラドのコメントを読む | ITセクション | 犯罪 | 英国 | Twitter | スラッシュバック

 関連ストーリー:
7月に発生したTwitterの大規模なアカウント侵害事件、米国で3人が起訴される 2020年08月01日
Twitter、15日のアカウント侵害インシデントに関する情報や対策を発表 2020年07月19日
バイデン氏やイーロン・マスクなどのTwitterアカウント、まとめてハッキングされる 2020年07月16日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアメリカTwitter

関連記事

広告

財経アクセスランキング