マルウエア「Emotet」を拡散させる攻撃メール、7月中旬から拡散再開を観測

2020年8月3日 08:43

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

7月中旬からマルウエア「Emotet」を感染させるための迷惑メールが大量に配信されているそうだ。情報処理推進機構やJPCERTコーディネーションセンターによれば、2020年2月上旬以降は攻撃メールは観測されていなかったという(情報処理推進機構JPCERTコーディネーションセンターマイナビ過去記事)。

攻撃メールには、添付ファイルまたは本文中にリンクが張られており、添付ファイルもしくはリンクからダウンロードされるファイル(エクセルやワード形式など)を実行した場合、Emotet の感染に繋がるとしている。

感染した場合、情報漏洩だけでなく、自身のPCがスパムメール配信の踏み台と化す可能性や他のマルウェアにも感染する可能性がある。各種セキュリティサービスが提供している情報をもとに警戒してほしいとしている(マルウエアEmotetへの対応FAQ)。 

スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | 犯罪 | セキュリティ

 関連ストーリー:
CAPTCHAを悪用してセキュリティ機構を回避するマルウェアが登場。マイクロソフトが警告 2020年06月25日
マルウェア「Emotet」に無線LANネットワーク経由で拡散するタイプが発見される 2020年02月18日
セキュリティ上の問題が発生したドイツの大学、電子メールアカウント38,000件のパスワードを手渡しで再発行 2019年12月22日
フランス警察がボットネットを乗っ取り、85万台のPCからマルウェアを削除 2019年09月02日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードマルウェア

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新型「N-ONE Original」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • スイフトスポーツ(画像: スズキの発表資料より)
  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
  • (画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース