三菱UFJ銀、3億枚以上の書類を電子化へ ホチキス外しも自動化

2020年7月28日 21:01

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

三菱UFJ銀行がこれまで顧客からため込んできた3億ページ以上の紙の書類を電子化していくそうだ。こうした紙データの電子化でネックだったのが、紙をまとめていたホチキスだったという。これを人の手で外してから取り込む必要があり、従来の見積もりだと30人体制で約68年かかるのだという(日経新聞時事ドットコム)。

今回は米ベンチャー企業「リップコード」と連携することで問題を解決するという。このベンチャーのシステムでは、スキャンの自動化だけでなく、AIやロボットを組み合わせて自動でホチキスを外す機能もあるのだという。計画では30人体制で約5年で完了させるとしている。電子化した書類は破棄されるそうで、倉庫の利用料を抑えることもできるしている。 

スラドのコメントを読む | ビジネス | 人工知能 | ロボット | お金

 関連ストーリー:
製造業では見積書や注文書などのFAX送受信がリモートワーク導入を妨げている? 2020年05月27日
ヤフー、民間取引先との契約時の署名をすべて電子化する方針 2020年05月20日
ランサムウェア被害にあった外貨両替サービス大手Travelex、店頭では手書きの伝票で対応 2020年01月11日
ランサムウェア被害に遭った米企業、復旧に失敗し従業員300人を一時解雇 2020年01月07日
ランサムウェア耐性が売りの歯科医院向けクラウドバックアップサービス、ランサムウェアの被害にあう 2019年09月01日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードロボット人工知能(AI)三菱UFJ銀行

関連記事

広告