Chromeバージョン85で実装のメモリ使用量削減、延期に 性能低下などで

2020年7月28日 10:04

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Google Chromeのバージョン85で実装予定だったメモリ使用量の削減が延期になったそうだ。この機能は6月17日に発表されていたもので、Windows 10 May 2020 Updateで実装された「セグメントヒープ」を活用して、Chromeのメモリ使用量を減らす計画だった(PCWatchマイナビ)。

セグメントヒープは効率よくメモリを管理する機能。すでにChromiumをベースのMicrosoft Edgeでは、このセグメントヒープを利用して最大27%ほどメモリ使用量を減らすことに成功している。このためGoogle Chromeにも簡単に応用できるとみられていた。

しかし、Google Chromeでは、CPUの負荷の増加による消費電力のアップやベンチマーク性能が低下することが判明したため、バージョン85でのセグメントヒープ活用によるメモリ使用量削減についてはとりあえず延期されることになった模様。

あるAnonymous Coward 曰く、 Chromeへのセグメントヒープの導入が延期された模様。タレコミ子的には、逆にChromium Edgeはどうやって導入しているのか気になります…。(単純に、Edge側はCPU負荷よりメモリ使用量削減を優先しているとかだったり…?)

 スラドのコメントを読む | ITセクション | Google | マイクロソフト | IT

 関連ストーリー:
Android版Chrome Canary、ダウンロードのスケジュール機能をテスト中 2020年07月23日
Webブラウザーで複数のタブを閉じる機能、使ってる? 2020年07月07日
新Microsoft Edge、ユーザーの確認前に他のブラウザからデータをインポートする挙動 2020年07月02日
iOS/iPadOS 14で標準ブラウザとメールが変更できるように 2020年06月26日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleMicrosoftWindowsWindows 10ChromeMicrosoft EdgeChromium

関連記事

広告