足立区が「ながらスマホ禁止条例」導入 歩きながらの通話や地図確認もNG

2020年7月28日 10:07

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

足立区が今月の13日から導入したという「ながらスマホ」禁止条例[PDF]が話題になっているようだ。いわゆる歩きながらや自転車に乗った状態でのスマホ禁止は、その危険性を考えると当然の措置だ。しかし今回の条例では、歩きながらの通話や地図アプリの使用なども禁止の対象であると報じられている(朝日新聞産経新聞)。

ただし公開されている条例文に、そう書かれているわけではない。また違反したことによる罰則規定も設けられていない。先の解釈については、区議会の審議で議員を提出した議員が議会で行った回答に含まれていたものだそうだ。なお産経新聞によると 議案を提出した議員は、地図アプリを見ながら歩くことも該当すると答弁。画面を見たり操作したりしなくてもできる通話も、歩きながらすれば、ながらスマホに当たるとした。他にも、公園で移動しながら撮影することも、ながらスマホに当たると答弁。

 という内容だったとのこと。

 スラドのコメントを読む | /.セクション | 日本 | スラッシュドット | 政治 | 変なモノ | スラッシュコード

 関連ストーリー:
KDDIらスマホ依存問題に対処するため脳科学やAI技術を活用。4人に1人は依存症を認識 2020年07月16日
スマホで運転免許証実現ための国際規格案が審議開始。日本から提案 2020年07月10日
マイナンバーカードとスマホ一体化案に続報。生体認証などの導入も検討中 2020年07月02日
選挙においてインターネットを使った投票システムの実現は困難? 2020年06月17日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連記事

広告