Microsoft Edge CanaryでIEモードが復活

2020年7月23日 19:58

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Microsoft Edge CanaryでIEモードが再び利用できるようになっている(Ghacksの記事)。

IEモードは新Microsoft EdgeにInternet Explorerのタブを表示する機能。正確に言えばIEモードが削除されていたのではなく、一時はフラグ(edge://flags#edge-internet-explorer-integration)を設定するだけで任意のWebページをIEモード表示可能だったのに対し、IEモードの正式リリース後は管理者がポリシー設定したWebサイトのみで利用可能になっていた。その後もフラグを設定した新Microsoft Edgeにコマンドラインオプションを指定して起動すれば利用可能な状態が続いていたが、最近のビルドではフラグが削除されてコマンドラインオプションの効果もなくなっている。

復活したIEモードはフラグではなく、設定画面の「既定のブラウザー」で「Allow sites to be reloaded in Internet Explorer mode」をオンにすれば有効化できる。あとはMicrosoft Edgeを再起動すれば、メニューの「その他のツール→Internet Explorerで再度読み込む」を選択して現在表示中のWebページをInternet Explorerで表示可能になる。

ただし、デフォルトでは「Microsoft Edgeでは、Internet Explorerモードを設定する必要があります。」と通知バーに表示され、旧Microsoft Edgeと同様にInternet Explorerのウィンドウが開いてWebページが表示される。Microsoft Edge内にInternet Explorerのタブを表示するには、通知バーで「IEモードの設定」をクリックすればいい。 

スラドのコメントを読む | ITセクション | マイクロソフト | インターネットエクスプローラ | スラッシュバック | インターネット | IT

 関連ストーリー:
新Microsoft Edge、Windows 7のサポートは2021年7月15日まで 2020年04月14日
Windows 10 バージョン1903、プレビュー版Edgeをインストールすると現行版Edgeがスタートメニューで非表示に 2019年07月28日
Microsoft Edge Devビルド、Windows 10上でIEモードが利用可能に 2019年07月13日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftMicrosoft EdgeInternet Explorer

関連記事

広告