不動産会社のチラシ投函は回避できる

2020年7月23日 08:31

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

都市部に住んでいると毎日のようにポストに様々なチラシが投函されるが、3DCGアニメーション作家のロマのフ比嘉さんによれば、その中の一つである不動産会社のチラシについては、「宅地建物取引業法」を根拠として投函を拒否することができるそうだ。宅地建物取引業法では、悪質な勧誘行為の禁止が明示されている。

不動産会社は国土交通省から免許を貰って活動しているため、法に違反した場合は免許を取り上げられてしまうリスクがあるそうだ。ちなみにロマのフ比嘉さんは、チラシを入れられていた住友不動産販売に3度断っても3度チラシを入れられたという。

同氏は宅地建物取引業法を根拠に国土交通省・関東地方整備局に電話をしたところ、拒否しているにもかかわらずチラシを投函されたことは、宅地建物取引業法に違反するという明確な回答があったそうだ。その上で国土交通省側から住友不動産販売に連絡が行った結果、態度が大幅に変わったとのこと。

同氏の場合、3度断ったという記録が住友不動産販売側に残っていたこと、不本意ながらも個人情報を住友不動産販売に伝えていたことが、結果としてプラスになったようだ。

ちなみに元のタレコミによると、 バイトで何度かポスティングした事あるけど、投函禁止に指定されてる邸宅が必ずあった。これを踏まえると、ちゃんとしたクライアントだったんだなと。
https://b.hatena.ne.jp/tikuwa_ore/20200718#bookmark-4688664693349246754

 という形で投函禁止を指定する業者もいるようだ。

 スラドのコメントを読む | 広告

 関連ストーリー:
早稲田大学演劇博物館、新型コロナの影響を記録するため中止公演等の資料提供を求める 2020年06月23日
香川県警、容疑者名や事件の被害状況を誤って折込チラシで配達 2020年04月14日
コオロギを食べると腸内環境が改善したとの研究結果 2018年08月05日
東京ガスとCCC、家庭用デジタルサイネージをモニターに無料配布へ 2018年02月05日
最高裁、広告も消費者への勧誘にあたる場合があるとの判断を示す 2017年01月27日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード国土交通省住友不動産

関連記事