RITEK、抗菌光学メディアを発表

2020年7月18日 11:32

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

headless 曰く、 台湾・RITEKは9日、WG抗菌光学メディアシリーズを発表した(プレスリリースDIGITIMESの記事)。

COVID-19の流行により世界中の人々の感染防止に対する姿勢が変わる中、RITEKでは医療機関で広く使われている同社のWGシリーズ光学メディアに抗菌機能を追加したという。ただし、抗菌シリーズはあくまで抗菌(JIS Z 2801試験で大腸菌に対する抗菌活性値3.33、黄色ブドウ球菌に対する抗菌活性値3.28)であり、抗ウイルス機能に対する言及はない。

スラドでは2004年に抗菌CDが話題になっているが、その後抗菌光学メディアが話題になったことはないようだ。最近は光学メディアを利用する機会も減っていると思われるが、スラドの皆さんは抗菌光学メディアを選ぶだろうか。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | メディア | バイオテック | サイエンス | 医療

 関連ストーリー:
名古屋大学、薬を無効化する耐性菌対策となる化学物質を発見 2020年07月01日
かぜ患者の3割に実際には効果がない抗菌薬が処方されている 2019年10月30日
ワサビの辛み成分がヒアリの忌避剤になる可能性 2019年03月03日
抗菌加工を施したCD 2004年04月16日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード台湾

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新型ソリオ発表会の様子。(画像: スズキの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • ボルボ「S60」(画像: ボルボ・カー・ジャパン発表資料より)
  • ミニムーン20CD3 (c)  International Gemini Observatory / NOIRLab / NSF / AURA / G. Fedorets
  • SUBARU Labが入るH¹O渋谷三丁目の共用ラウンジのイメージ(画像: SUBARU発表資料より)
  • N-BOX、N-BOXカスタム:発表資料より
  • 新型N-ONE RS(画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース