Western Digitalから過去最大容量となる18TBのHDDが登場、記録方式はCMR

2020年7月15日 19:01

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Western Digitalが9日、容量16TB/18TBのHDDを発表した。エンタープライズ向けの「WD Gold」シリーズに分類される製品で、もうアキバでは16TBの「WD161KRYZ」(税込66,800円前後)と18TBの「WD181KRYZ」(75,800円前後)の両製品ともに店頭に出回っているそうだ(クラウド WatchAKIBA PC Hotline!)。

なにかと話題の記録方式は「CMR(従来型磁気記録方式)」を採用している。サイズは一般的な3.5インチとなっており、キャッシュサイズが512MB、インタフェースはSerial ATA、ディスク回転速度は7,200rpmというスペックとなっている。 

スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | ストレージ

 関連ストーリー:
Western Digital、WD Redの記録方式問題を受けて各HDDの記録方式を公開 2020年05月01日
外観からは識別できないSMR採用のHDDが増えている? 2020年04月22日
ウエスタンデジタル、2020年に容量の20テラバイトのHDDを発売予定 2019年09月11日
四日市市の停電でフラッシュメモリ工場が停止、6エクサバイト相当のフラッシュメモリが影響を受ける 2019年06月29日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードWestern Digital

関連記事

広告