キヤノンのハイエンドミラーレスカメラ「EOS R5」「EOS R6」、供給の遅れも

2020年7月15日 18:59

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

すでに旧聞に類する話となりつつあるが、キヤノンからしばらく噂の出ていたハイエンド・ミラーレス「EOS R5」「EOS R6」が発表された。型番だけだとわかりにくいが、R5が上位機種でR6がその廉価版。価格はメーカーのオンライン販売価格で、R5が税別46万円、R6は税別30万5000円といういいお値段になっている(CNETR5R6)。

当初「EOS R5」が7月下旬発売予定、「EOS R6」が8月下旬発売予定となっていたが、予約数が予想を上回ったことから、供給に遅れが発生する可能性がアナウンスされている。本体以外にもバッテリーグリップやエクステンダーなどの周辺機器も販売が遅延する可能性があるようだ(デジカメ Watch)。

EOS R5は新開発の約4500万画素フルサイズCMOSセンサーを採用。ボディ内手ブレ補正をシリーズで初搭載しているとのこと。フルサイズ一眼カメラとして初めて8Kでの動画撮影に対応したのも特徴だそうだ。

EOS R6は最大約2000万画素のフルサイズイメージセンサーを搭載。EOS-1D X Mark III用のセンサーがベースになっているとのこと。このほか解像度や動画のフレームレート、本体のダイヤル仕様などの一部がR5と異なる。ちなみにセンサー密度の関係から、暗所の感度性能などはR6が上だそうだ。

両機種とも連続録画時間は相変わらず29分59秒。とはいえ、これまでできなかった動画撮影時のUSB給電は可能になったので、オンライン会議用のWebカメラとして使う場合の利便性は良くなってはいる模様。 

スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | ニュース

 関連ストーリー:
パナソニックからもVlog向けカメラ「LUMIX G100」が発表。国内発売は不明 2020年07月01日
オリンパス、デジカメを含む映像事業を分社して投資ファンドへ譲渡へ 2020年06月25日
キヤノン米国法人、同社一眼カメラをWebカメラとして利用できるようにするツールを公開 2020年05月07日
キヤノンのデジタルカメラにランサムウェア攻撃が可能な脆弱性 2019年08月15日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードキヤノン一眼レフカメラEOS-1D Xミラーレス

関連記事

広告