ライフ RSS

 

新型インフル「G4 EA H1N1」中国で見つかる 人に感染しやすい要素備える

2020年7月1日 08:37

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 新型のインフルエンザウイルスが中国で発見された。ブタを宿主とするタイプでヒトにも感染する。この新型は「G4 EA H1N1」という名称で呼ばれており、人間の気道の細胞内で成長し増殖するそうだ。

発見した科学者は、変異しヒトからヒトに簡単に伝染するようになる可能性があると指摘している。現時点では緊急対応は必要はないものの、ヒトに感染する「すべての特徴」を備えているため監視が必要としている。現在蔓延している新型コロナウイルスだけでなく、危険性のあるほかの新型ウイルスにも警戒が必要としている(BBC)。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | ニュース | サイエンス | 医療

 関連ストーリー:
新型コロナウイルス感染者の呼気を浄化するフィルタ装置 2020年06月25日
DNA検査サービス23andMe調べ、O型は他の血液型よりもCOVID-19の影響を受けにくい 2020年06月13日
東大と日医工、第一三共が新型コロナウイルス感染症に向けたナファモスタット吸入製剤を開発へ 2020年06月10日
新型コロナの治療薬として期待される「アビガン」の有効性、現時点では判断できず 2020年05月21日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • キャデラック・リリック(画像:ゼネラル・モーターズ発表資料より)
  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
  • 複合商業施設の完成イメージ(J.フロントリテイリング発表資料より)
  • 2019年4月に発売された「ジェロ」の特別仕様車「FINAL EDITION」。(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • ホンダ N-BOX用サテライトビューカメラ取付イメージ(画像:ワントップ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース