横浜、東京、千葉で毒を持つヒアリ見つかる 千葉では作業員が刺される

2020年6月29日 19:13

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 強い毒を持つ「ヒアリ」の国内への上陸が相次いでいる。6月4日頃、横浜港の本牧ふ頭と南本牧ふ頭で約300匹が発見された。NHKによれば、中国の貨物船のコンテナなどから見つかったもので、女王アリも発見されたという。横浜市が4日から8日にかけて粘着わなを仕掛けて捕獲したが、10日には複数匹が列状態で発見されている。

東京でも東京港の青海ふ頭内で200匹以上が見つかったそうだ。また千葉市でも1000匹以上が貨物船内で発見された。女王アリや卵、さなぎも見つかっており、作業員1人が刺されてしまった模様(カナロコNHKLNEWS47NWES)。

 スラドのコメントを読む | 日本 | ニュース

 関連ストーリー:
米国に外来種のオオスズメバチが上陸、養蜂家や蜂による受粉を行う農家は警戒 2020年05月08日
公正取引委員会、飲食店ポータルサイトに関する取引実態調査結果を発表 2020年03月19日
強毒のヒアリ、国内で定着の可能性 2019年10月17日
ワサビの辛み成分がヒアリの忌避剤になる可能性 2019年03月03日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードヒアリ

関連記事

広告