登山道に描かれた「つちのこ」文字は違法 環境省が撤去へ

2020年6月25日 18:26

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 北海道の十勝岳の登山道近くで、石を並べて「つちのこ」と読める文字が作られていたそうだ。標高約1700メートル付近の場所に置かれており、文字は航空写真でも読める大きさだという。北海道文化放送によれば、一つの文字のサイズは約1メートル四方だったとしている。直径15から20センチほどの石で構成されていた。

 環境省は6月14日にこの文字を解体したという。「来た記念を残すなどしないで欲しい」と環境省はコメントしている模様(朝日新聞FNN)。

 スラドのコメントを読む | idleセクション | 日本 | 犯罪 | idle | 変なモノ

 関連ストーリー:
ネス湖の「ネッシー」の正体は「巨大うなぎ」という説 2019年09月06日
高知で「空飛ぶ蛸」の目撃ツイート多数 2019年02月27日
ネス湖でソナーに恐竜のような影、その正体は映画「シャーロック・ホームズの冒険」で使われるはずだった模型 2016年04月15日
米国で発見された(と主張されている)UMA「ビッグフット」の死骸、DNA検査の結果は「ニセモノ」 2008年08月18日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード北海道環境省

関連記事

広告