Internet Archiveの電子図書館サービス、出版社らが著作権侵害として提訴

2020年6月16日 07:39

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 やや旧聞となるが、米国で複数の出版社がInternet Archiveに対し著作権侵害訴訟を提起した(Current Awareness Portal)。

 Internet Archiveは新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、電子図書館サービス「Emergency Library」を開始したのだが(過去記事)、裁判ではこのサービスに対し出版社らは書籍の違法な複製を行なっていると主張している。

 米国では公正な利用(フェア・ユース)であれば著作権侵害とならないというルールがあるが、出版社側はEmergency Libraryに対しフェア・ユースには該当しないとも主張している。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | ニュース | 著作権 | アメリカ合衆国

 関連ストーリー:
漫画の全ページを無断複写して研修資料として社員に配布する行為が発覚、もちろん著作権侵害 2020年06月10日
絵本における著作権侵害問題、著作権的にNGな「絵本の読み聞かせ動画」や個人製作グッズの販売などが多く確認される 2020年04月17日
Internet Archiveが電子書籍の貸し出しを行う電子図書館サービスを開始、著作権者からは反発の声 2020年04月03日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード著作権侵害裁判新型コロナウイルス

関連記事

広告

財経アクセスランキング