2011年に発見されたノドサウルスの化石、胃の内容物まで保存

2020年6月9日 07:45

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 カナダで2011年に見つかった草食恐竜ノドサウルスの化石には胃も残されており、そこから最後に食べたものと見られるものの痕跡が見つかった(CNN.co.jp)。

 ノドサウルスは中生代白亜紀後期(1億1000万年前)に生息していた四足歩行型の恐竜で、体長は約5.5メートル、背中から脇腹にかけて装甲板のようなものを備えているのが特徴とされる。

 今回の化石は皮膚も含め全身の外見がほぼそのまま保存された状態で見つかったもの。その胃の内容物からは、「細切れになった葉をはじめとする植物の化石」が見つかったという。この植物化石自体も保存状態が良いサンプルとして有用だそうだ。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | サイエンス

 関連ストーリー:
恐竜が代謝による体温調整を行っていたことを示唆する研究成果 2020年02月26日
1億年前のハチの巣の化石が発見され、ハチの進化を推測する有力な証拠の1つとなる 2020年02月21日
北海道むかわ町で化石が発見された恐竜、新属新種と確認され「カムイサウルス・ジャポニクス」と命名される 2019年09月07日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードカナダ恐竜

関連記事