シリコンバレー発「ベータ(b8ta)」日本初上陸、20年夏最新ガジェット体験型ストアが新宿&有楽町に

2020年6月7日 21:52

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 アメリカ・シリコンバレー発“最先端ガジェットストア”「ベータ(b8ta)」が国内1号店を2020年夏新宿マルイ本館・有楽町電気ビルにオープン。日本初上陸のガジェットや雑貨、食品、アパレルなどを取り揃えるユニークな体験型ショップとなる。

■“新しい発見がある”最先端ショップ「ベータ(b8ta)」

 「ベータ(b8ta)」は、2015年アメリカ・サンフランシスコでスタートした最新ガジェットの体験型ショップ。“新しい技術を取り入れた革新的なアイテムは、オンラインストアでは購入できても実際のショップでは売っていない”という一つの疑問からはじまった。

 最新の製品を実際に試すことのできる空間を作るため「ベータ(b8ta)」は、ブランドにやさしい出店システムを採用。オンライン上で登録(サインアップ)するだけで、実店舗に配置&販売できるシステムを取り入れた。簡単なステップで販売できるので、店舗運営などのノウハウをもっていないニューカマーなブランドや商品が、ぞくぞくと「ベータ(b8ta)」に集まるように。

 今では、最先端のストア体験ができるショップとして世界中で注目されている。日本未上陸のガジェットや雑貨もたくさん取り揃えているのが特徴だ。

■「ベータ(b8ta)」20年夏日本初上陸

 国内初店舗となる「ベータ(b8ta)」新宿マルイ本館・有楽町電気ビルでは、最新ガジェットから雑貨、インテリア、アパレル、食品などを取りそろえる。日本の職人技や素材の特性を活かしたジャパンテイストのアイテムも登場予定だ。

■「ベータ(b8ta)」注目アイテム

 ・日本初上陸「スマート スイム ゴーグル」

「スマート スイム ゴーグル」は、ARディスプレイを内臓した最先端のゴーグル。着用して泳ぐと、スイム中のタイムや距離、スプリットと言った情報が、リアルタイムでゴーグルに表示される。ショップでは、「AR スマートゴーグル」が用意されるので、水泳距離や時間のパフォーマンスが追跡できる、ユニークな水中体験を実際に体験できる。

 ・絵画&写真を気軽に着せ替え「Meural Canvas Ⅱ」

「Meural Canvas Ⅱ」は、ベータイチオシのスマートアートキャンバス。本物の絵画の筆使いや色彩を精緻に表現できる優秀なアイテムで、簡単に着せ替えできるのが人気の秘密。見本画像から選ぶだけでなく、自分の家族やペットの写真などにも変更でき、部屋の雰囲気にあわせて簡単に模様替えできる。

 ・超機能性スリッポン「オリガミクス 和紙布スリッポン」

日本上陸に合わせてピックアップされた「オリガミクス 和紙布スリッポン」は、和紙布(わしふ)と呼ばれる機能性に優れた布素材で作られたシューズだ。シンプルなアッパーにホワイトソールをあわせた、カジュアルな仕上がりなので、素足でさらっと履くのがおすすめだ。

 ・紙にかいてデジタル化「ネオ スマートペン」

一見ふつうのカラーペンのように見える「ネオ スマートペン」は、紙にかくとデジタル化できる最先端のe文具。

 ・たった5mmの最薄アウター「KAPOK KNOT」

「KAPOK KNOT」は、わずか5mmという薄さにもかかわらず、ダウン級の暖かさを叶えるコート。コンパクトに折りたためるので、持ち運び用アウターとしても活躍してくれそうだ。

 そのほか、ステンレスの自転車「diti」、甘さ控えめな本格抹茶ラテの素「千休(Senkyu)」、日本発のAIペット型ロボット「Moflin」などをラインナップ。人気のメンズスキンケア・バルクオム(BULK HOMME)やメンズコスメのIKKI、オーダーメイドドックフード、しっぽを振って応えてくれるセラピーロボットQoobo、カインズのハンガー・鍋・枕など、ジャンルレスで生活にかかわる最先端のアイテムが発売される予定だ。

■【詳細】

 ベータ(b8ta)
オープン時期:2020年夏
・新宿マルイ本館 1階
住所:東京都新宿区新宿3-30-13
・有楽町電気ビル 1階
住所:東京都千代田区有楽町1-7-1

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードアメリカサンフランシスコ

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • アマゾンを通じた配送サービスのイメージ(アマゾンジャパン発表資料より)
  • Golf Touran(画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
  • 世界初公開となったアウディ・Q4 e-tronシリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
  • 木星
  • Photo:最後に最上級機種「1300ccのスーパーデラックス」を販売するのが秘訣だった
  • Outback Wilderness(アウトバック ウィルダネス)(画像: スバルの発表資料より)
  • (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース