Intelが「世界最強のゲーム用CPU」と謳うCore i9-10900K登場

2020年5月22日 19:16

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Intelの第10世代Coreプロセッサが5月20日に発売されたが、4GamerPC WatchASCII.jpがこれらに関するレビューを行なっている。これによると、価格性能比は向上しているものの、単純な性能面での改善点は少なく、競合となるRyzenと比較した場合の優位点は多くはないという結論となっている。

 Core i9-10900K(10コア/20スレッド)の競合はRyzen 9 3900X(12コア/24スレッド)、Core i7-10700(8コア/16スレッド)の競合はRyzen 7 3700X(8コア/16スレッド)、Core i5-10600K(6コア/12スレッド)の競合はRyzen 5 3600X(6コア/12スレッド)だが、単純にスペックだけを見ると、いずれもコア数は競合製品と同等以下、消費電力の面では競合と同等以上という状況だ。

 また、最大動作クロックに関してはCoreシリーズの方が高いものの、消費電力が大きいことからすぐにリミットがかかってしまうようで、そのため長時間負荷をかけるような処理に関してはRyzenシリーズのほうが高い処理性能を発揮できる傾向になっているようだ。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | Intel | AMD

 関連ストーリー:
「Ryzen 3 3300X」はシングルスレッド処理においてRyzen 5と同程度以上の性能が期待できる 2020年05月13日
Tom's Hardwareの2020年AMD vs Intel対決。最高のCPUを選ぶならAMDだ 2020年04月30日
AMD、第3世代Ryzenの廉価モデル「Ryzen 3 3100」「Ryzen 3 3300X」を発表。4コアで8スレッド同時実行に対応 2020年04月24日
64コア/128スレッドのRyzen Threadripper 3990X発売、ただしWindowsアプリではプロセッサー・グループの壁 2020年02月12日
AMDの決算が好調、それでも売り上げはIntelの約10分の1 2020年02月03日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードIntel

関連記事

広告