Facebookなど、アフリカ全体にネット提供する「2Africa」プロジェクト発表

2020年5月19日 17:49

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 Facebookや複数の通信会社が参加する「2Africa」プロジェクトが、アフリカ大陸への高速インターネット回線敷設を計画している(GIGAZINEBoing BoingBloombergSlashdotBloomberg)。

 このプロジェクトでは、約10億ドルを投じて合計3万7000kmにもおよぶ長さの海底ケーブルを設置し、それを利用してアフリカ大陸および中東地域に高速インターネット回線を提供することを目指すという。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ネットワーク | インターネット

 関連ストーリー:
イエメン、海底ケーブルの切断事故によってインターネット接続が大幅に制限される 2020年01月21日
トンガ唯一の海底ケーブルが損傷、通話や通信がほぼ不可能に 2019年01月29日
世界のインターネット普及率が伸び悩み。貧困層や女性への普及が壁に 2018年10月23日
ロシア、海底通信ケーブルを狙っている? 2017年12月28日
米国主導ではないインターネット網は構築できるか 2013年10月01日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアフリカFacebook

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • ヤリスWRC:発表資料より
  • (c) 123rf
  • 大規模分譲住宅の一戸建てなら充電設備を設置してEV車保有することも可能だ(画像提供:住友林業)
  • 新しくなったアウディ・A5/S5シリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース