経産省、全国400カ所に持続化給付金サポート会場

2020年5月12日 09:00

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 経済産業省は11日、新型コロナウイルス感染症対応での「持続化給付金」に関して自身で電子申請を行うことが困難な人のために「申請サポート会場」を12日から順次開設していくと発表した。今月中に全国4百か所に会場を設置する考え。

 新型コロナウイルス感染防止の観点から「完全事前予約制」とし、来場の際には必要書類のコピー(できれば現物)を持参するよう求めている。

 12日に都内の3会場(むさし府中会場(府中市)=むさし府中商工会議所3階大ホール=府中市緑町、八王子第1会場(八王子市)=八王子商工会議所4階ホール=八王子市大横町、八王子第2会場(八王子市)=八王子エルシィ3階富士桜桃=八王子市八日町)のほか、熊本県の熊本会場(熊本市)=熊本商工会議所6階大会議室=熊本市中央区横紺屋町)に開設する。

 経済産業省では16日までに各都道府県に1か所以上、今月末までに全国で400か所以上の会場を設置する予定としている。また「申請サポート会場」が設置されていない地域にはキャラバン隊を派遣して申請をサポートする方針だ。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
営業のリモートワーク、8割が「生産性上がらず」。課題は情報共有
日産ほか、「知的財産に関する新型コロナウイルス感染症対策支援宣言」参画発表
日本企業は沈まない! 開発者たちの熱い魂に学ぶ、これからの働き方

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード経済産業省新型コロナウイルス

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
  • 複合商業施設の完成イメージ(J.フロントリテイリング発表資料より)
  • 2019年4月に発売された「ジェロ」の特別仕様車「FINAL EDITION」。(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • ホンダ N-BOX用サテライトビューカメラ取付イメージ(画像:ワントップ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース