ドン・キホーテの7インチWindows PC「NANOTE」、有志が分解し中身を報告

2020年5月8日 20:21

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 先日、ドン・キホーテがプライベートブランドで税別19,800円の7型2in1「NANOTE」を発表したが(過去記事)、これを購入した有志が早速分解してその様子をネットで公開している(Togetterまとめがじぇっとりっぷ)。

 内部はかなりスカスカな余裕のある構造で、何かを設置できそうなスペースや未接続の端子および基板上のパターンなども複数確認されている。

 一方でUSB 3のデバイスを接続すると無線LANに干渉することや、組み立ての品質が悪く作業ミスが発生した状態で出荷されている個体も複数報告されている。さらにリマーク品のメモリが使われているとの指摘もある。

 スラドのコメントを読む | モバイルセクション | ハードウェア | ノートPC | ハードウェアハック

 関連ストーリー:
ドン・キホーテ、プライベートブランドで税別19,800円の7型2in1「NANOTE」を発表 2020年04月28日
小型ノートPC「GPD Pocket」、国内販売開始 2017年09月29日
東芝、ダブルスクリーン搭載のLibrettoを発表 2010年06月23日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードWindowsドン・キホーテ

関連記事

広告