信越化学、レーザーテック、OLCなど/本日の注目個別銘柄

2020年4月30日 16:29

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


<2212> 山崎パン 1899 -371急落。一昨日に第1四半期の決算を発表、営業利益は55億円で前年同期比4.2%減益、通期2ケタ増益見通しに対して想定以上に低調なスタートとなり、市場予想も15億円程度下振れたとみられる。コンビニ向けの落ち込みなどによって主力の菓子パンが伸び悩んだ。巣ごもり消費による好影響が期待されていただけに、失望感が強まる状況となっている。野村證券では投資判断を「ニュートラル」から「リデュース」に格下げへ。

<4063> 信越化 12015 +315大幅反発。一昨日に20年3月期の決算を発表、営業利益は4060億円で前期比0.6%増益、ほぼ想定通りの着地となっている。塩ビ事業の伸び悩みを他の事業がカバーする構図となる。堅調な業績推移を評価する動きにつながる形へ。21年3月期見通しは例年同様に非開示としているが、シリコンウエハは4-6月期も底堅い推移との見方が示されており、ポジティブに捉えられている。

<6920> レーザーテック 7210 +940急騰。一昨日に第3四半期決算を発表、1-3月期営業利益は8.8億円で前年同期比48.0%増、通期計画は据え置いた。一方、1-3月期受注高は246億円、同6倍の水準で、従来の下期計画287億円との比較では想定以上の推移とみられる。会社側では通期の受注計画を従来の700億円から850億円に上方修正、EUV向け検査装置の需要拡大が主因。第2四半期に続く受注の上振れを高評価する動きが強まる。

<4661> OLC 13680 -605大幅反落。一昨日に20年3月期決算を発表。営業利益は969億円で前期比25.1%減益、1-3月期は臨時休園の影響が大きく42億円の赤字で前年同期比267億円の損益悪化となっている。21年3月期業績見通しは非開示としている。資金繰りに対する安心感、中期戦略の据え置きなどはポジティブに捉えられているが、国内の緊急事態宣言延長観測の強まりなどによって、先行きへの警戒感は払拭されない状況となっている。

<4927> ポーラオルHD 1918 -171急落。一昨日に第1四半期決算を発表、営業益は20億円で前年同期比70.4%減、市場予想を30億円程度下回った。通期予想は従来の312億円から190億円、前期比39.0%減益に下方修正。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、各ブランドにおける店頭売上が計画を大幅に下回っているもよう。想定以上の収益悪化にネガティブな反応が先行へ。4-6月期は一段の事業環境悪化で、30%程度の減収を見込んでいる。

<8692> だいこう 651 +100ストップ高。51.78%を所有する親会社の野村総合研究所<4307>によるTOBの実施が発表されている。TOB価格は920円で一昨日終値から67%のプレミアムが付与される。全株式の取得を目指しており、TOB終了後に同社は上場廃止となる。TOB価格へのサヤ寄せを目指す動きになっている。TOB期間は4月30日から6月15日までの予定。

<3744> サイオス 537カ +80ストップ高。一昨日に第1四半期の決算を発表、営業利益は1.4億円で前年同期比54.2%の大幅増益となっている。通期計画の0.8億円を大幅に上回る水準に。システム開発・構築支援、金融機関向け経営支援システムの販売が好調でったほか、外注費などの抑制効果、前期に発生した不採算案件の一巡などが大幅増益の背景。通期業績計画の大幅な上振れを織り込みにいく動きが優勢へ。

<4367> 広栄化学工業 2226 +400ストップ高。レムデシビル製造用原材料の「ピロール」、アビガン製造用原材料の「ピリジン」を供給していること、並びに、生産体制を強化したことを発表している。レムデシビル、アビガンともに新型コロナウイルス治療薬として有望視されている製剤であり、目先の業績寄与に対する期待のみならず、同社の役割の重要性などが認識される状況となっている。

<6028> テクノプロHD 6210 +1000ストップ高。一昨日に第3四半期決算を発表、営業利益は131億円で前年同期比17.4%増益、上半期実績の同11.3%増から増益率は拡大した。また、通期予想の153億円、前期比11.4%増も据え置きへ。既存技術者の契約単価上昇で売上総利付率が向上したもよう。新型コロナウイルス感染拡大による企業活動停滞の影響が懸念されたが、想定以上に底堅い業績推移を受けて、過度な警戒感が後退する状況にもなった。

<2491> Vコマース 2250 +171急伸。一昨日に第1四半期決算を発表、営業利益は15.3億円で前年同期比22.9%増益、通期予想55億円、前期比10.7%増益に対して順調な進捗とみられ、ポジティブな反応が先行している。利益率が高いECストア向けCRMツールなど既存事業が堅調推移、第2四半期以降における新型コロナウイルスによる影響は精査中としているものの、ダウンサイドリスクは限定的との見方につながっているようだ。《US》

関連記事