ライフ RSS

 

米国で新型コロナ対応で始まったオンライン学習、多くの学生がログインせず

2020年4月9日 17:19

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 taraiok曰く、

 アメリカの教育現場では、学生の欠席の多さが慢性的な問題となっている。新型コロナウイルスの影響で現在、全米の学校の大部分が閉鎖されており、その代替としてオンライン学習などが行われている。しかし、オンライン学習になった結果、これまでにないほど多くの生徒が授業を欠席しているという(The New York TimesSlashdot)。

 欠席率の高い学生の多くは低収入の家庭で、インターネット接続へのアクセスが不安定な環境であったり、自宅のコンピューター設備の不足などからオンライン学習に参加できない。ロサンゼルスでは先週、高校生の約3分の1がログインしていないという報告があった。オハイオ州ミンフォードでは、インターネットプロバイダーがサービスを提供していない森林地帯に多くの学生が住んでいるという解決の困難な課題も出ているという。すでに教育者の間では、夏休みの短縮や一部またはすべての学生の留年といったことも検討されるようになってきているようだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | 教育 | インターネット | アメリカ合衆国

 関連ストーリー:
Google、カリフォルニア州の学生向けに4,000台のChromebookと10万のWi-Fiホットスポットを提供へ 2020年04月06日
新型コロナウイルスの影響で平日昼のネットトラフィックが増加 2020年03月16日
中国、COVID-19流行でタブレットPCの需要が増加 2020年02月27日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアメリカ新型コロナウイルス

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • マイナーチェンジを受けたトヨタ・RAV4(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • キャデラック・リリック(画像:ゼネラル・モーターズ発表資料より)
  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
  • 複合商業施設の完成イメージ(J.フロントリテイリング発表資料より)
  • 2019年4月に発売された「ジェロ」の特別仕様車「FINAL EDITION」。(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • ホンダ N-BOX用サテライトビューカメラ取付イメージ(画像:ワントップ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース