ポンティ 2020-21年秋冬コレクション - “ズレ”が生じた日常着

2020年4月8日 17:35

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ポンティ(PONTI)の2020-21年秋冬コレクションが発表された。

■美しき“ズレ”

 今季のポンティは“時差”がキーワード。コレクション内には、地球上で同じ時間を過ごしているはずなのに生じる時間の“ズレ”からインスピレーションを得た洋服たちが登場する。

 デザイナー・平田信絵がそのキーワードを洋服の上で再現する方法は非常にウィットに富んでいる。最も分かり易い例となるのが、異なる2つのパターンのテキスタイルを同一のアイテムに用いたスカートだろう。2つのパターンの“ズレ”同様に、上下に若干“ズレ”たウエスト部分も特徴的なディテールだ。

 また、平田が今季の服で表現したいと考えたのが“モノ作りにおいて完璧じゃない雰囲気”というニュアンス。通常、服作りや服を着用する過程において偶発的に発生する違和感や不完全さを、あえて恣意的に表している。

ボタンを掛け違えて着ることの出来るシャツはその好例。ボタンを掛け違えるだけでなく、アンダーバストに配置した紐を結べば、更に個性的なルックスが生まれる。もちろん、きちんとボタンを順番に留めれば、スタンダードなシャツとして着用することも可能だ。

■違和感のあるデイリーウェア

 「日常着として普通に着れるデザインだけど、見た人には“あれっ?”と少し違和感を感じて欲しい」と語る平田。

その想いの通り、“ズレ”を表現した違和感のあるディテールを散りばめながらも、着心地の良さやどこか愛着の湧く温かみのあるデザインなど、ポンティらしさは健在だ。窮屈さを感じさせることのないゆとりのあるシルエット、明るいオレンジやピンク、ブラックやネイビーといったダークなトーンまで様々な色で構成したカラーパレット・・・着る人の個性やその日の気分に幅広く応えてくれるポンティの洋服たちは、日常着としてワードローブに備えておきたくなる。

■独特な素材やパターンを織り交ぜて

 アウターやトップス、ボトムスはスタンダードな無地が主流。素材はコットンやポリエステルなどアイテムによって様々だが、その中でも特に目を惹くのがワイドパンツに用いられているクラッシュベルベットだ。通常一つの方向に流れる毛並みを上下に不規則に散らすことで独特な質感に仕上げ、エレガンスとカジュアルが絶妙なバランスで調和した雰囲気を醸している。

 そして無地のアイテムと対を為すのが、地層やボタニカルからインスピレーションを得たというプリントデザインのピースたち。抽象的なモチーフが秋冬の装いに彩りを添える。

■アイコニックなアクセサリーも

 また、ポンティにおいてアイコニックなアイテムの一つであるベルトにも注目。帯部分にスタッズを並べ、留め具部分にロープを使用したユニークなルックスはスタイリングのアクセントとして存在感を発揮してくれそうだ。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • ローマン宇宙望遠鏡のイメージ。(c) NASA
  • (画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
  • 木星のガリレオ衛星と地球の大きさの比較。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース