ゲーム業界がコロナ感染拡大防止キャンペーン、WHOのアンバサダーも賛同

2020年3月31日 09:18

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 ビデオゲーム業界が世界保健機関(WHO)の支援を受け、コロナウイルスによる新型肺炎の流行下において「人とは物理的距離を取った上で一緒に遊ぼう」といった感染拡大防止キャンペーンを発表したUSA TodayEngadget日本版)。

 また、WHOのアンバサダーであるRay Chambers氏はtwitterで感染拡大のため自宅でゲームをプレイしようと呼びかけている(Game*Spark)。Chambers氏はゲーム業界のキャンペーンにより、コロナウイルス感染拡大防止のための重要なメッセージを数百万人の人に届けられるとも述べている。

 スラドのコメントを読む | 医療 | ゲーム

 関連ストーリー:
米ビデオゲーム業界団体ESA、ビデオゲームがプレイヤーに与える良い影響についてWHOと会談 2019年01月16日
秋田県大館市でもゲーム規制条例が提案される 2020年03月02日
久里浜医療センター曰く、中高生の14.2%はネット依存が疑われる 2020年02月09日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード世界保健機関(WHO)

関連記事