ライフ RSS

 

英語学習スタートするなら春! 4月にはじまるNHK英語番組がおすすめ

2020年3月19日 06:12

小

中

大

印刷

 春は語学番組が始まる季節。気分を新たに英語学習にチャレンジするのにちょうどよい時期だ。NHKの語学番組は4月に新しくレッスンがスタートするため、一緒に勉強を始めやすい。レベルの高いテキスト内容を、コストをかけずにスマホで学習できる。どのような英語番組があるのか見てみよう。

【こちらも】上級者の英語学習にはNHKラジオ講座「実践ビジネス英語」がおすすめ

■英語番組の種類

 英語講座は番組数が最も多くラジオだけで10以上ある。レベルは小中高校生から社会人向けまで幅広い。ビジネスパーソンには主に英会話の2番組やビジネス英語入門・実践の2番組が向いているだろう。レベルが細かく分かれているため自分に合った番組で学習が可能である。

 NHK語学番組の特徴は、なんといってもテキストの質の高さがあげられる。興味深いトピックが多いのだ。例えば、社内でのプレゼンや起業のアイデア、飛行機内で座席をたおすマナー、日常会話でかぜをひいたときなどである。

 すぐ使える表現が満載で10分~15分の番組ながら内容が濃密だ。イディオムや単語、例文を何度もリピートすることで耳と口から記憶しやすいのが特徴だ。短い時間だが集中して取り組むと疲労することは間違いなしである。

 また語学は英語だけでなく、中国語やフランス語、韓国語など9カ国語の学習が可能。英語と同じく楽しみながら学習できる工夫がしてある。

■番組の視聴方法

 番組の聞き方はラジオ以外にも、

 ・ストリーミング
 ・らじるらじる
 ・CDを購入

 で聞くことができる。

 ストリーミング視聴は、スマホで公式アプリ「NHKゴガク」をダウンロードすれば可能。前週放送分のみであるが、無料で都合のいい時間にスマホで学習できる。また放送時間中であれば、ラジオ以外にも、「らじるらじる」のアプリで聞くことが可能だ。

 テキストには会話の全文やイディオム、単語が記載してあるので、本気で学習するならテキスト購入がおすすめだ。テキストを使いながらの繰り返し学習が効果的である。

■レベルテスト

 英語番組が多すぎてどの番組をえらべばいいのかわからない人のために、「NHKテキスト英語力測定テスト2020」がある。問題数15問でのレベル判定テスト。基礎・応用の2種類のレベルがある。

 テスト内容は文法、会話と表現、リスニングの3種類。リスニングはTOEICに比べてスピードは遅いようだ。テストスコアが判定されると、順位表示される遊びがあり楽しめる。テスト後におすすめの講座をいくつか紹介してくれるので、番組えらびの参考になる。

■まとめ

 レベルの高い英語学習を自宅や通勤時間にスマホで手軽に始められる。少しずつ繰り返し継続すれば、着実に英語力が身につくNHK英語講座。4月からの新番組、まずは一緒にスタートしてみるのはどうだろうか。(記事:鵜飼圭・記事一覧を見る

関連キーワードNHKラジオ英会話

広告

写真で見るニュース

  • 一目で欲しくなるデザインのいすゞ117クーペ。©sawahajime
  • ローマン宇宙望遠鏡のイメージ。(c) NASA
  • (画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース