Bell、電動テールローター搭載ヘリコプターを開発

2020年3月17日 17:03

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 ヘリコプターの姿勢制御に欠かせないテールローターを、電動かつ4枚組にするという新技術が開発された(ギズモード・ジャパン)。

 これを開発したのはヘリコプターメーカーのBell。メインの回転翼はエンジンで駆動するが、このテールローターはエンジンで発電した電力を使って駆動する。これによってテールローターとエンジンをドライブシャフトなどで機械的に接続する必要がなくなり、機体の軽量化が実現できるという。また、4つのテールローターはそれぞれ独立したモーターを搭載しているが、これは故障時の対策で、最悪そのうちの1つが駆動する状態であれば機体は安定するという。

 スラドのコメントを読む | テクノロジー | 交通

 関連ストーリー:
「ヘリコプター基地局」で山岳遭難者の位置を推定する試み 2019年11月13日
ドローンによる死亡事故、これまでに3例が発生していた 2019年02月13日
NECが空飛ぶクルマの試作機を作成、浮上実験を公開 2019年08月08日
トヨタ、社内有志による「空飛ぶ車」プロジェクトに約4000万円を出資 2017年05月16日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • 木星のガリレオ衛星と地球の大きさの比較。
  • (c) 123rf
  • 画像はイメージです。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース