新型コロナ消毒用にメタノール使うトラブルに懸念、イランでは死亡事故も

2020年3月11日 18:08

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 コロナウイルスによる新型肺炎(COVID-19)への対策の1つに手指の消毒が ある。そのため消毒用アルコールが品薄になっているが、その影響で誤って有害なメタノールを消毒に使ってしまうトラブルも起きているようだ(黒翼猫のコンピュータ日記 2nd Edition)。

 一般的に消毒用として使われるアルコールはエタノールだが、それとは別に「燃料用アルコール」などとしてメタノールも流通している。しかしメタノールは人体に有害であり、摂取すると失明や命に関わることもある。また、気化したものを吸い込むだけでも悪影響があり、消毒用としての利用は危険だ(NHK)。

 ただ、一般には区別が付きにくいのも事実で、イランでは「アルコールを摂取すると対策になる」とのデマを信じてメタノールを含む密造酒を飲んだ27人が死亡する事故も発生しているという(時事通信)。

 スラドのコメントを読む | ニュース | 医療

 関連ストーリー:
ロシアでアルコールを含む化粧品を飲んで48人が死亡するという事件が発生 2016年12月22日
高アルコール度数の缶チューハイに対し懸念の声 2020年01月14日
「真実の口」風の消毒装置 2018年11月02日
過酸化水素水の服用が体にいいと信じ、実際に飲んで中毒になる人が米国で続出 2018年05月13日
NHK曰く「キッチン用除菌商品の消毒効果は証明されていない」、これに対しフマキラーが反論 2020年03月11日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードイラン

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 木星
  • Photo:最後に最上級機種「1300ccのスーパーデラックス」を販売するのが秘訣だった
  • Outback Wilderness(アウトバック ウィルダネス)(画像: スバルの発表資料より)
  • (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)
  • 2021年シーズン カラーリングマシン(本田技研工業の発表資料より)
  • ©Bernardo Ramonfaur/123RF.COM
  • ジャイロ e:(ロスホワイト)(画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース