Apple、iOSのデフォルトブラウザ・メールソフト変更可能へ仕様変更検討か

2020年2月25日 18:21

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 iOSにおいてはサードパーティ製のWebブラウザやメールソフトをデフォルトのブラウザ/メールソフトとして設定することができないが、iOS 14ではこの制約が廃止される可能性があるようだ(BloombergITmediaSlashdot)。

 AppleはiOSのリリース当初から、デフォルトのブラウザ/メールソフトをほかのものに変更することを認めていなかった。しかし、このことは、Appleの独占を危惧する政府・議員などから独占禁止法違反として攻撃対象とされる可能性がある。そのため、Appleはその対策として仕様変更を検討しているようだ。

 スラドのコメントを読む | アップルセクション | モバイル | ソフトウェア | アップル | iOS

 関連ストーリー:
App Storeのルールは独禁法違反だとして開発者がAppleを提訴 2019年06月10日
iOS向けアプリ配信をAppleが独占していることに対する裁判、原告らに訴える権利があるとの判断が出る 2019年05月16日
カスペルスキー、App StoreにおけるAppleの反競争行為をロシア連邦反独占庁に訴える 2019年03月23日
Google曰く、Androidは競争を促進している 2016年11月13日
SpotifyとApple、iOSアプリのリジェクトをめぐって論争に 2016年07月03日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードiOSApple独占禁止法

関連記事

広告