5Gで先行の韓国、移動通信トラフィックのうち約21%が5Gによるものに

2020年2月13日 18:02

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 韓国ではすでに5Gによる携帯電話サービスがスタートしており、韓国における全移動通信トラフィックのうち約21%が5Gによるトラフィックになっているという(すまほん!!5Gradar)。

 韓国ではKTおよびLG Uplus、SK Telecomの3キャリアが5Gサービスを展開しており、どのキャリアも順調に利用者数を増やしている。5Gユーザーのデータ利用料はサービス開始直後から非常に多くなっており、その理由として多くのユーザーがデータ容量無制限のプランを選択しているためとされている。こうした無制限プラン利用者の月間の平均データ利用量は33GBという試算もあるようだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | テクノロジー | 携帯電話 | IT | 携帯通信

 関連ストーリー:
コロナウイルス対策で中国・武漢に1週間で作られた医療施設、5Gを活用した遠隔医療を導入 2020年02月06日
モバイルネットワークの「5G」と無線LANの「5GHz帯」、すでに混乱は起こっている 2020年01月14日
米国防総省、米企業に対し5G技術のオープン化を求める 2019年12月29日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード韓国5G(第5世代移動通信システム)

関連記事

広告