弘兼憲史『島耕作』シリーズの原画展が京都国際マンガミュージアムで開催

2020年2月7日 22:05

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 京都国際マンガミュージアムの企画展「原画 島耕作 〜四季〜 弘兼憲史原画寄贈記念展」が、2020年3月14日(土)から6月14日(日)までの期間で開催される。

■弘兼憲史『島耕作』シリーズの原画展

 『島耕作』シリーズで知られるマンガ家・弘兼憲史から同作の原画が寄贈されたことを記念に開催される本展では、寄贈された原画29点と、シリーズ内で京都を舞台にしたエピソードの複製原画12点を展示する。

 また、約40点に及ぶ原画に加え、京都国際マンガミュージアムで作成した弘兼の石膏手型と手型を取った際の映像が展示されるほか、代表作として知られる『島耕作』シリーズ、『加治隆介の議』、『黄昏流星群』を中心とする著書の配架も行われる。

■開催概要

 京都国際マンガミュージアム企画展「原画 島耕作 〜四季〜 弘兼憲史原画寄贈記念展」
開催期間:2020年3月14日(土)〜6月14日(日)
※5/7(木)~5/9(土)は、展示入れ替え作業のため観覧不可。
会場:京都国際マンガミュージアム2階 ギャラリー4(京都市中京区烏丸通御池上ル)
開館時間:10:00〜18:00(最終入館は17:30)
料金:無料
休館日:毎週水曜日(ただし、4月29日、5月6日は開館)、4月14日(火)

©弘兼憲史/講談社

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワード京都国際マンガミュージアム講談社弘兼憲史

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • 木星
  • Photo:最後に最上級機種「1300ccのスーパーデラックス」を販売するのが秘訣だった
  • Outback Wilderness(アウトバック ウィルダネス)(画像: スバルの発表資料より)
  • (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)
  • 2021年シーズン カラーリングマシン(本田技研工業の発表資料より)
  • ©Bernardo Ramonfaur/123RF.COM
  • ジャイロ e:(ロスホワイト)(画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース