モンクレール ジーニアス、JW アンダーソンが新たに参加 藤原ヒロシやシモーン・ロシャ続投

2020年2月7日 08:58

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 モンクレール(MONCLER)が世界から有名クリエイターを迎え、各デザイナーが1つのコレクションを発表していくモンクレール ジーニアス(MONCLER GENIUS)。その最新コレクションとなる「モンクレール ジーニアス 2020」では、ジェイ ダブリュー アンダーソン(JW Anderson)のジョナサン・ウィリアム・アンダーソンを新たな仲間に加える。

■モンクレール ジーニアス 2020のデザイナー決定

 モンクレール ジーニアスとは、モンクレールが世界から有名クリエイターを迎え、各デザイナーが1つのコレクションを発表していくプロジェクト。これまで、ヴァレンティノ(VALENTINO)のピエールパオロ・ピッチョーリをはじめ、クレイグ グリーン(CRAIG GREEN)のクレイグ・グリーン、藤原ヒロシらが参加してきた。

また、前シーズンでは、リチャード・クイン(Richard Quinn)と1017 アリックス 9SM(1017 ALYX 9SM)のマシュー・ウィリアムズを新たなデザイナーとして迎えている。

■新たなデザイナーとして、ロエベも手掛けるJW アンダーソン参加

 パーム・エンジェルス(Palm Angels)のフランチェスコ・ラガッツィとピエールパオロ・ピッチョーリに代わり、新たなメンバーとなるジョナサン・ウィリアム・アンダーソンは、自身のブランドを手掛けるだけでなく、ロエベ(LOEWE)のクリエイティブ・ディレクターとしても活躍する人物。日本では、ユニクロ(UNIQLO)とのコラボレーションでもその名を馳せる。

クレバーなビジョンと性別にとらわれないファッション性をもつアンダーソンが、今回のコレクションでは、メンズウェアとウィメンズウェアをモダンに解釈した、ユニークなアイテムを創造するという。

 なお、アンダーソンが加わったことで、「モンクレール ジーニアス 2020」は以下の構成での発表となる。コレクションの全貌は、2020年2月のミラノコレクションにて発表される。

・1 モンクレール JW アンダーソン(1 MONCLER JW ANDERSON)
・2 モンクレール 1952(2 MONCLER 1952)
・3 モンクレール グルノーブル(3 MONCLER GRENOBLE) - Sandro Mandrino(サンドロ・マンドリーノ)
・4 モンクレール シモーン・ロシャ(4 MONCLER SIMONE ROCHA)
・5 モンクレール クレイグ・グリーン(5 MONCLER CRAIG GREEN)
・6 モンクレール 1017 アリックス 9SM(6 MONCLER 1017 ALYX 9SM) - Matthew Williams(マシュー・ウィリアムズ)
・7 モンクレール フラグメント ヒロシ・フジワラ(7 MONCLER FRAGMENT HIROSHI FUJIWARA)
・8 モンクレール リチャード・クイン(8 MONCLER RICHARD QUINN) / ポルド ドッグ クチュール(POLDO DOG COUTURE)

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードコラボレーションユニクロロエベ(LOEWE)モンクレール(MONCLER)藤原ヒロシ

関連記事